<果樹園について>

 

畑から

 

大分県の国東(くにさき)半島でミカンを育てております、岸田和章と申します。
一年中ミカンと向き合い、時には厳しく、時には励まし、
丹精込めて育てました「温故蜜柑」は実を木に長く成らせておくことで、完熟し、
甘みが増し、中の内袋も柔らかくなります。
また貯蔵をしっかり管理することでうまみが増し、まろやかに仕上がります。
自信をもっておすすめできるミカンづくりに挑戦して10年、
ようやく、甘さとほどよい酸味が絶妙にマッチしたコクのある、美味しい蜜柑ができました。

そんな温故蜜柑を全国の皆様にもぜひ食べていただきたいと大分からお届けしております。
皮が薄くてむきづらいかもしれませんが、これは果実が充実しているために
隙間がなくなってしまうためです、ご容赦ください。
大分は別府・湯布院でも有名な温泉地です。
私の農場の近くにも温泉がありますが、湯上りにミカンを食べると
温まった身体に冷たく甘酸っぱく、より一層美味しく召し上がっていただけます。

また、よりよい蜜柑をお届けするため、お気づきの点などございましたらお教えいただけますと幸いです。

<自己紹介>

岸田 和章(きしだ かずあき)

東京農大を卒業後すぐに就農し、大量生産・甘さだけ・保存期間を追求する
みかんに飽きたらず、昔の蜜柑の味の再現に挑戦しています。
10年でやっと納得のいくミカンを育てることができ「温故蜜柑」と命名しました。
温故蜜柑はご愛顧いただいているお客様への直販でお届けしています。
お客様に、食べて喜んでいただけること、美味しいと言っていただくことが
ミカンづくりの一番の喜びです。